アロマオイルと相性

アロマオイルを自分の好みにブレンドするのは、アロマオイルを楽しむ大きな魅力の一つです。でも何でも自分勝手に混ぜればいいというものではありません。
アロマオイルにはそれぞれ相性の善し悪しがあります。原料や香りのタイプによって、ハーブ系・柑橘系・フローラル系・エキゾチック系・スパイス系・樹脂系・樹木系の7種類のグループに分けられます。同じグループであれば相性はいいですが、別グループのオイルをブレンドするには注意が必要です。この7種類のグループの隣同士のグループであれば比較的相性はいいようです。例えばフローラル系を中心にしたとすれば、柑橘系やエキゾチック系、或いは樹脂系はスパイス系と樹木系となります。
また、香水と同じようにトップノート・ミドルノート・ベースノートの香り立つ時間も考慮に入れなければなりません。アロマオイルの相性の一覧表もあるようですから自分でブレンドしようと思う方は調べてみましょう。
もっとも最初は好きな香りを二つブレンドすることからはじめてもいいでしょう。その結果から相性などを考えてみるといいかも知れません。

アロマオイルは白髪にも効果がないものかしら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>